2010年11月30日

竹灯りに誘われて大分・臼杵へ

11月6日・7日に大分県臼杵市で開催された、「うすき竹宵」に行って来た。

去年の職員旅行で同僚の人と臼杵市を訪れた際、パンフレットなどでこのイベントのことを知り、ぜひとも訪れたいと思っていた。

東広島駅を朝早い新幹線で出発し、小倉駅で水戸岡鋭治氏デザインの883系・特急ソニックに乗り換える。乗車前に名物のかしわ飯を買い、九州の遠い山並みを眺めながら食べた。

別府駅で特急にちりんに乗り換えて、臼杵駅に着いたのは午前1時過ぎ。ここでパンフレットを入手。昼間のうちに各ポイントを押さえ、午後5時の点灯時間を待った。

八町大路という、市内の目抜き通りには飲食スペースが設営されたり、各商店ではこのイベントにちなんだグッズを売ったりと盛り上がっていた。そして4時半も過ぎると何やら一斉に盛り上がり始めた。

そこからはめくるめく竹灯りの世界。市を挙げてのイベントで、どのオブジェも素晴らしかった。旧真光寺の室内に設けられたオブジェの見学には長い行列が出来、40分待ちだった。

竹原市の「憧憬の路」はこのイベントを参考に始まったと聞く。ただ臼杵の場合は14年目を迎えてなお衰えを知らず、すっかり市民のまつりとして定着しているのだ。第1回(2003年)から第8回(2010年)まで、何らかの形で憧憬の路に関わっている自分としてはこの臼杵の情景こそまさに「憧憬=あこがれの風景」だった。

その日は大分の東急インに泊まり、翌朝別府温泉にちょこっとだけ浸かり、門司港のレトロラインで海風を感じつつ、鉄道記念館にも立ち寄って足早に帰ってきた。去年の1日と、この2日間を通して、縁もゆかりもない臼杵の町が自分に身近な存在として急接近してきたことだけは事実である。
posted by ぜごん at 22:45| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。