2014年07月12日

夢の向こうに

昨日は、広島で研修があった。
終わってから、誘われてその人の行きつけのお店へ。

image-20140712113603.png

美味しい料理と久々に飲むお酒。いい気分になって帰宅し、お風呂に入っていると脇腹に鈍痛。
先々月からたびたび出る尿路結石である。
高校生の頃からの持病であり、さほど驚かないがやはり嫌なもので、先生からもらった座薬を冷蔵庫から出して使用。痛みに耐えながらソファに横になる。妻が心配して二階から降りて来たが事情を話し、そのままここで寝ることにした。
やがて酔いもあって眠気が襲い、気を失うように夢の中へ。どれだけ時間がたったのか、いつもと違い幸せな夢が次から次へと現れた。
気がつくと既に4時。脇腹の痛みは消えている。さほど寒くはなかったがベッドに戻った。
それから何時間寝ただろうか、太陽の光がカーテンのすき間から差し込んで来て、子供の明るい声で目が覚めた。夢の向こうに、幸せはまだ続いていた。
posted by ぜごん at 11:36| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする