2009年04月30日

古典落語の醍醐味は

○不意をつかれた快感、非日常の安らぎ
○予想通り、期待通りストーリーが進んでいく達成感
○噺家の編み出す軽妙、絶妙なテンポ、リズム、間(ま)

よくまとまりきれてないが、そういうことだと思う。
この3つのどれが欠けても白けてしまう。
posted by ぜごん at 23:58| 広島 | Comment(0) | TrackBack(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

サービスエリアでヤッてきたwwww
Excerpt: 今日のお客さんは外でやるのが好きらしくて、サービスエリアのトイレや渋滞中の車の中でなかだしふぇらちお普通にやってお礼に30マンもらったしwww → sersai.com
Weblog: 前ばりたかふみ
Tracked: 2009-05-04 05:20

サービスエリアでヤッてきたwwww
Excerpt: 今日のお客さんは外でやるのが好きらしくて、サービスエリアのトイレや渋滞中の車の中でなかだしふぇらちお普通にやってお礼に30マンもらったしwww → sersai.com
Weblog: 前ばりたかふみ
Tracked: 2009-05-05 05:58