2010年07月30日

猛暑の中、年金について考える。

『32年前死亡か 部屋に新聞 111歳男性遺体』

こんなニュースがテレビの中を駆けめぐっている。
この人は明治32年生まれだそうだ。

うちの母方のばあちゃんは明治33年生まれ。
平成13年に100歳で亡くなっている。
ということは婆ちゃんが生きてたら110歳なのか。

この10年で世の中はすっかり変わった。
100歳だけど大相撲で関取の名前はほぼ完璧に覚えていた。
98歳くらいまで台所に立っていた。
今の相撲界の不祥事を見たら何て言うだろうか。
100歳になった年の敬老の日、市長さんから記念品を贈られている写真が地元新聞に載った。この市長さんももうこの世の人ではない。

32年間、家族はどんな思いで押し入れの中の実の親を隠し続けてきたんだろうか。
時々恐る恐るチラ見してたんだろうか。想像するたびゾッとする。

読売テレビの辛坊さんが以前指摘していたように、年金受給の権利が失われるのを恐れて何十年も家族が死亡届を出さずにいる、といった事態はまだまだ探せば出てくるのかも知れない。

仕事で良く話をするお客さんは現在70歳代であるが、若い頃サラリーマンをしていて、その技術をもとに独立開業した。昔はそんなに年金年金と言わない頃で、気がついて掛け始めたときには遅く、遡って払っても受給には数年足りない状況だった。そんなとき社会保険事務所に行って加入履歴を調べたが、昭和30年代に勤めていた会社の履歴が3年ほどなかったのだ。

本人曰く実力を買って引き抜いてくれた人で、意図的に掛けない、というようなことがあるはずもない。定かではないが給料から天引きされていた記憶もある。その後息子さんが経営している山口県のその会社に問い合わせたのだが、もう既に資料と呼べるものは残っていなかった。第三者委員会にも相談をしてみたが、うまくまとまらなかった。

今は不景気で親会社から単価を極限まで下げられて営業を継続することも容易ではなかった。いつまでも「あるはずの権利」にしがみついている暇はなかったのだ。最終的に彼の下した判断は今の事業を法人化し、68歳になっても、69歳になっても掛け続けてとりあえずの受給権を確保する、といったものだった。それで今何とか年金をもらっている。

「消えた年金」の問題にしても今回の事件にしても行政がしっかりしていればかなりの部分で防げたに違いない。
あと、25年の要件もいくらか緩和して、もっと掛けた人が報われるような制度にしていかなければ、未納の問題も解決しないと思う。
正直言って、年金の免除者のために税金がどんどん注ぎ込まれるのも自分はあまりいい気がしていない。
何か画期的な解決方法ってないもんかね?
posted by ぜごん at 06:39| 広島 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

タオルで目隠しさせられて、つま先から耳の裏まで全身舐められまくり!!

めちゃ気持ちよくて、ちょっと口から泡出てたしな、オレwwwww

5万もらったけど、あんまり続けたらドMになっちまいそうだぜwwwww

http://enmbrwgb.zet.hatu-miku.com/
Posted by こんなプレイ初めてだってばw at 2010年08月03日 06:31

うっはっはー!1ヶ月で30マソも稼いじまった!
オレ先月まで童=帝だったけど、もう7人とHしちゃったぜ!笑

てか今まで知らなかったけど、最近の子ってチ■コ好きな子多いのな♪
フーゾクなんか行くより、こっちで童=帝売って正解だったわ(* ̄ー ̄)v
http://bit.ly/aPhl8T
Posted by この前言ってたバイトの件 at 2010年08月18日 05:06

女もヤりたい時ってあるんだな!!
ホテル行ったんだが、部屋に入ったとたん全裸にされちまったよ!!

まぁ俺は寝てるだけで、ずっと女が腰ふってたんだけど(笑)
7万もらって寿司までゴチになったし、最高の一日だったぜ(* ̄ー ̄)v
http://bobujx5.ray.furuban.info/
Posted by どんだけやる気満々なんだよ! at 2010年09月01日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック