2006年04月06日

カタクリの花

金沢市に住んでいた頃、春先になると父親は僕ら兄弟を郊外の倉ヶ岳に連れて行ってくれた。
まだ雪解け後間もないくらいで、ツクシやふきのとうが枯れ草の中から顔を出している。

山歩きをしていると、きれいな赤紫色の花が群生しているのが見えた。
父に聞くと「あれはカタクリの花だ。」と言っていた。

カタクリというと片栗粉の原料なのかどうか今でも詳しくは知らないが、あんなにきれいな(というか小さく可憐な)花を咲かせるとは思わなかった。

この山に行くもうひとつの目的はワラビやゼンマイ取りである。
これはもう少し暖かくなってからである。

たくさん取れるポイントがあって、袋に沢山詰めて帰る。
それを家に持って帰って、ゆでたあと酢醤油とかで食べるのだ。
あの苦みが当時あまり好きではなくて、あまり食べなかったように思う。

広島に来てから、山歩きこそしなくなったが、父は時折夫婦で近くの山にワラビを取りに行っている。
もう年齢が年齢なのであまり急な斜面とかに行って欲しくはないのだが、今も春になると時折食卓に並ぶ。

汗ばむくらいの季節になると、ビールのつまみにちょうどいい。
posted by ぜごん at 12:53| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16219822

この記事へのトラックバック