2006年04月23日

ドラマのワンシーンのような・・・

ふと思い出した大学の頃の友人の話。

今はもう付き合いはなくなってしまったが、同じゼミの友人で海外旅行が好きな奴がいた。

大学3年のとき、仲間4人でアエロフロートに乗ってモスクワに行き、そこから陸路エジプトまで行ったそうだ。

そこから地中海沿岸のチュニジア(写真には世界史で習ったカルタゴの遺跡とか写っていた)、モロッコを経由してスペインに渡った。

スペイン南部にグラナダという町があり、そこで同じく旅行中の先輩(彼とは2,3歳年上の女性で、密かに憧れていたという。)とバッタリ出会った、というのだ。

その晩はみんなと別行動を取り、先輩と異国の街で夢のような時間を過ごしたらしい。

偶然とはいえこんなことってあるんだな。
まるでドラマのワンシーンのようだ。

そんな話を聞いた後、大学4年の夏休み、ふらっと四国に旅行に出たことがあったが、最初の松山のユースホステルでどういうわけかサークルの後輩(男)にバッタリ出くわしてしまった。

それからの珍道中は書いていけばきりがない。
今となってはいい思い出になってはいるが。
posted by ぜごん at 23:53| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック