2005年09月03日

ホリエモンに薦めたい名店(2)

今日は尾道周辺の雰囲気のいい店をいくつか紹介します。

まずは有名な「レスポワール・ドゥ・カフェ」
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=34.23.55.639&el=133.11.29.675&skey=%c8%f8%c6%bb%bb%d4%c0%be%b8%e6%bd%ea%c4%ae14-5+&pref=&kind=

尾道駅からちょっと三原方向に行った海沿いにある、倉庫を改造したレストランである。
周辺は海運会社の倉庫などが立ち並んでいて、すぐ目の前は海。
もともとは三原市内にあったという。
中に入ると、ヨーロッパの由緒ある民家の中に入ったような凝った内装で統一されている。
出てくる料理はフレンチやイタリアン。コーヒーも結構美味しかった。
地元の人は結婚式の二次会とかでも利用するらしい。

次は景色のいいところ。
一番は千光寺公園の下、市立美術館横にある
「欧風料理Petitanon(プチアノン)」
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=34.24.28.902&el=133.11.49.061&la=1&sc=2&skey=%C8%F8%C6%BB%BB%D4%C0%BE%B8%E6%BD%EA%C4%AE14-5&CE.x=415&CE.y=393

ここからの尾道水道の眺めは最高にいい。行き交う船や箱庭のような尾道の人の生活が手に取るようにわかる。窓際の席は予約しないとなかなか座れないらしい。
夜は行ったことがないが、多分夜景もきれいだと思う。

最後は尾道から離れるが、世羅町本郷の「絵麗顔都」(エレガント、と読む)。
ここは尾道市から三次市に向かう国道184号線沿いにある。
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=34.36.34.932&el=133.2.08.965&la=1&fi=1&skey=%c0%a4%cd%e5%c4%ae%cb%dc%b6%bf1780-1&sc=6

周辺は民家や神社がぽつんぽつんあるだけの寂しいところであるが、車で走っていくと突然ツタの絡まる洋館が現れる。ここが絵麗顔都である。
中に入るとこんな辺鄙な所(失礼)ながらお客さんがいっぱいである。(従業員も多い。)
店内も洋館の雰囲気で洒落た装飾がいたるところに並べられている。
ショーケースには食材が並んでいて食欲をそそる。もちろん本格的なレストランで、料理はいい。(ここは食器一つとっても種類が豊富で楽しめる。)

ホリエモンは多分見てないだろうけど、僕が尾道で行った中でのおすすめは以上です。
僕も最近まで尾道は縁もゆかりもない土地だったけど、ひょんなことからたびたび訪れるようになって、あらためてその魅力を感じています。

尾道にやってきて、せっかくだからガイドブックにないような店に行きたい、と考えている人は昨日今日で紹介したお店などに行ってみるといいと思いますよ。(おわり)
posted by ぜごん at 13:07| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 瀬戸内の奥深くへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6517952

この記事へのトラックバック