2005年10月25日

京都の「金魚」という和菓子

以前、仕事の関係で京都に一週間ほど行ったことがあるが、朝はそんなに早くなかったので毎日ABCの「おはよう朝日です。」などをぼんやりと見ていた。

いつだったか、番組内で関西のお店を紹介するコーナーがあって、ちょうど初夏の頃だったので「冷菓特集」をやっていた。
その中で目に止まったのが京都のある和菓子屋さんである。

http://www.kyokira.jp/modules/shikisai/report.php?id=51

紹介されていた「金魚」というお菓子はゼリー(寒天?)の中を2匹の金魚(羊羹で出来ているらしい)が泳いでいて、とても綺麗だったので、思わず住所(とりあえず縦と横の通りの名前だけ)を覚えて、広島へ帰る日に行ってみた。

京都(中心部)は便利で、縦と横の通りの名前だけで何とか目的の和菓子屋さんを見つけることが出来た。
限定品らしかったが何とか買うことが出来、その足で広島に帰った。

ちょうど夏にさしかかる時で、見るからに涼しげだった。
京都の和菓子は他にもあるけど、どれも創意工夫というか、遊び心が入っていて、見た目に楽しい。(ちょっと値段的に高い気もしますが・・・。)

もし興味があったら上のリンクを頼りに探してみてください。
posted by ぜごん at 12:55| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名店・名物探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8572665

この記事へのトラックバック