2010年01月31日

ブルーレイレコーダーを購入。

先日、ブルーレイレコーダー(パナソニックDMR-BW770)を購入した。6年前に買ったDVDレコーダーがついに音をあげてしまったためで、値段を見ると一時期よりはかなり下がっている(これは2月15日に新製品が出るためだ)。また、パンフレットを見ると少し前の製品より電気代1/4程度になっている、とのこと。省エネ設計はいいけどこうも違うと前の機種を買った人はどういう思いだろうか。

テレビ画面に1ヶ月先まで表示できる番組表を見ながらリモコンで、これ!と番組を選択するだけですぐに予約でき、時間が来たらハードディスクに保存される。また、ハイビジョン録画に設定すると、下から2番目ぐらいのモードでもかなりの高画質で録画できた(パッと見、画像の荒さも気付かないくらいである)。ハードディスクも500GBあり、思う存分録り溜めできるので、たくさん番組を保存して、見たら消す。また、必要なものについてはブルーレイディスクやDVDにコピーして保存する、といった今までとは全く違う便利さですっかりハマってしまった。しかも説明書をほとんど見なくても操作できる使い勝手の良さだ。  

面白いのは、録画した番組をSDカードを使って携帯電話に転送して空いた時間などに見ることができること。転送はひとつの番組がものの1分弱で終わる。いろいろやってみたが2GBのSDカードで10本以上の番組が充分入る。僕が持っている3年前に買った携帯電話でも充分再生可能だった。さすがに小さい画面なので1時間とか見ていると目が疲れるが、何か最先端のものが一つ家に来ると生活に潤いが生まれる(ような気がする)。根っからの文系人間の割にメカニカルなものが好きで、新しい電化製品や情報機器が出るたびに時代を追っかけていくのが何より楽しみだ。
posted by ぜごん at 22:07| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

2009年、旅の回顧録

2009年最後の日に、今年の旅の回顧録など。

1月。出張で福井県の鯖江市と小浜市へ。焼き鯖寿司を食べる。あのオバマ饅頭も買ってみる。その後特急サンダーバードで金沢へ。17年ぶりの金沢。到着後トワイライトエクスプレスに遭遇。駅で小学校時代の恩師と待ち合わせ。新鮮な日本海の魚介類を沢山頂く。翌日、金沢城公園から兼六園へ。すっかり変わってしまった金沢城の坂を上がる時に思わず涙する。ここは以前、亡き父の職場のあった土地。その後ひがし茶屋街へ。昔は東山の廓街と言っていた辺りだ。近くにある七稲地蔵にも昭和58年以来26年ぶりに行ってみる。その日の夜は富山に行き、旧友と25年ぶりの再会。富山駅前の料理屋で昆布じめを頂く。翌日は金沢市の野田山墓地に行き、うちの代々のお墓を探すが、見つからず。福井に住む親戚に連絡を取ったり、付近の墓守の家を数件尋ねるが分からなかった。思わぬ宿題を残したまま、金沢を後にする。

8月、今年は水上バイクに乗る機会が2回あった。一回目は今年で13回目を迎えるあるイベントの模擬走行のため、瀬戸内のど真ん中、大崎上島付近を航行(僕は後ろで頼りないナビ)。その日は大久野島で昼食、メンバーの方たちとゆっくりとした夏の日を過ごす。

9月、そのうちの一人の方に誘われて、明神港から一路三原市の佐木島へ。ここである競技大会を見物。行く道中、海から見た幸陽ドックの巨大なタンカー群の迫力。

10月、仕事の研修で東京へ。東大和市の寮で一週間。久々の友人との再会。こちらで働く高校の友人と新宿NSビルの「ごだいご」で食事。また、大学の友人と久しぶりにキャンパスを歩く。

11月、今度は出張で和歌山市へ。昼食は大阪のがんこ寿司経営のがんこ和歌山六三園というところ。ここは船場で一旗あげた和歌山出身の相場師が63歳の時に建てた、とのこと。特に庭がすばらしい。市内の優良企業を2社訪問した後、貸切バスを飛ばしてもらってその日のうちに白浜町へ。白良荘というホテルに宿泊。翌日は円月島、熊野古道経由で熊野本宮大社、熊野速玉大社に参拝。めはり寿司とさんま寿司。紀伊勝浦駅から特急くろしおに乗って新大阪までは4時間。途中串本手前で橋杭岩が見える。海の向こうに沈む夕日が素晴らしかった。

同じく11月、ふたたび東京へ。東京国際フォーラムで行われたある行事のため。宿泊は浅草橋の東横イン。翌日墨田川沿いを歩く。映画「容疑者Xの献身」の撮影で登場した浜町公園に偶然遭遇。紅葉した銀杏並木が美しかった。その後10月に行った国立博物館の皇室の名宝展の第2部を見学。

12月、職場の旅行で大分・別府へ。関アジを頂く。美味しさよりあの歯ごたえ。普段あまり口にしないそば焼酎の味。翌日、同じ職場の人と臼杵市へ。臼杵石仏は圧巻。ハヤトウリを初めて見た。途中、現役で稼動している世界一の醤油樽を見物。その後町並みを見学。ここは11月に毎年「うすき竹宵」というライトアップイベントが行われている辺りだ。親切な観光ボランティアの方に町内を案内していただく。町の人たちが一体となって盛り上げて以降、という姿勢がいたるところで見られ、羨ましかった。その後別府駅前で名物の鳥天を頂く。から揚げとはまた違った美味しさ。

30代後半だけど、まだまだ日本には知らない美味しいもの、素晴らしいものがいっぱいあるね。旧友との再会、また思いがけない出会いもいろんな意味で良い刺激になった。旅行以外にもいろいろあるが、また追い追い紹介していきたい。
posted by ぜごん at 21:01| 広島 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

熊野古道のもうで餅

10日ほど前、出張で和歌山に行く機会があり、その翌日は土曜日ということもあり、田辺市から熊野古道を通って新宮市まで抜けた。

Dsc02440.jpg

何だか風景がいつか見た四万十川の景色にそっくりだった。聞こえてくる方言も関西弁のなまったような感じで高知そっくり。不思議な感覚になりながら熊野本宮大社と熊野速玉大社を参詣。

そこに「もうで餅」というのがあり、同行の人が「なかなか美味かったよ。」というので試食して購入。きな粉の代わりに「玄米粉」が使われているそうで、ちょっと茶色くてなんとも言えない香ばしさ。中は粒あんで美味しかったのでひと箱だけ購入。

Dsc02773.jpg

店の人は「大体3〜4日なら持ちますよ。」と言っていたが、帰って4日たって食べてみても硬くもなってなくゆっくりと食べられた。
熊野古道方面に行かれる方はおすすめです。

最後に速玉大社付近で見かけたなんともベタな看板を。

Dsc02466.jpg

「クマの鼓動」だそうです。
posted by ぜごん at 21:21| 広島 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 新製品・珍製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

約2年ぶりの東京。

今月中旬に約1週間、研修のために東京に行っていた。

自分が希望した内容だったけど、近付くにつれて、段々気が重くなってきた。というのは約2年前に父が東京で亡くなって、アパートと職場を片付けに行って以来足を運んでなかったからである。

ただその不安は羽田空港に着くやどっかに消し飛んでしまった。
繁華街は賑やか。パッと見では不況などどこ吹く風、といった感じである。

滞在中、広島から東京に出ている友人と、大学時代の友人に会った。

最終日は、飛行機の時間まで上野の国立博物館平成館で開催されている「皇室の名宝展」を見に行った。

宮内庁が保有している美術品の数々。歴史の授業で参考書に載っていたような作品がバンバン登場する。

特にすごかったのは江戸時代の画家、伊藤若冲の「動植綵絵」全30幅である。これだけの作品が一堂に介すのはめったにないことらしい。よく「驚きのあまり言葉を失う」などというが、自分の場合、あまりの素晴らしさに「あ、あ・・・」と言葉にならない声が自然に出てきた。色んな動植物が書かれているが、そのうち一番多いのはニワトリである。トサカや羽根、足の部分の精密さは実物よりすごい迫力だった。

一週間過ごしてみて、何だか吹っ切れた気分。今までのことが取り越し苦労のようだった。しかしちょっと調子に乗って金を使いすぎた。それだけが反省点(汗)。
posted by ぜごん at 23:25| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

滞在型観光の提案

(以前別のところに書いた文章を加筆修正)

 スローライフの高まりの中で、最近、「クラインガルテン」というドイツ生まれの滞在型市民農園が人気を集めているそうだ。2005年の特定農地貸付法の改正以降に増え、現在は全国に60ヶ所以上ある、とのこと。
 都市に住む人が住居の移転まで考えると、なかなか踏み切れない場合も多いが、こういう短期滞在型で農業を楽しむ、という気楽さ、また契約は1年単位で更新できる、ということからにわかに利用者が増えている、とのこと。
 僕の住んでいる広島県中部は気候が温和なので、年配の方が老後ちょっとの期間を利用したり、空港や新幹線からの近さもアピールして東京や大阪などから人を呼び込んでこういった体験型施設を設けてはどうかと思う。
 最近は商農工連携、といった言葉が良く聞かれるが、これを利用して地域の活性化につなげていけないか、と思うことがある。
 例えば、長期滞在の期間、農業を楽しんでもらう傍ら、船舶免許の講習を受けてもらう。
講習が終わり、免許が交付されるまでに大体1ヶ月程度かかるので、免許が交付された頃にまた案内をして、次回来たときには水上バイクや小型船舶を体験試乗できるような機会を設けていく、といった仕掛けも可能だと思う。
 色々と閉塞感が漂う昨今であるが、何か新しいこと、それを提案し続けることで思わぬ光が差し込むかも知れない、そんな感じがしている。
posted by ぜごん at 22:20| 広島 | Comment(5) | TrackBack(0) | 瀬戸内の奥深くへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

GPSロガーを購入。

最近GPSロガーなるものを購入した。
Holux M-241cという機種で、実売8,000円くらい。



衝動買い、と言っても充分許される範囲である。フィルムケースを一回り大きくしたくらいで、衛星からの位置情報を任意の頻度で取得することができる。
これを専用ソフトで吸い出し、GoogleEarthに表示させるのだ。すると位置情報が青い直線で表示されて、移動した経路が分かる、というものだ。

m-241.jpg
これは国道185号線の海沿いを走ったもので、5秒ごとにログを取得したものである。

その他、衛星から取得した正確な時間、北緯東経、現在地の高度、進行方向の方角、移動スピード(km/h)、移動距離などを液晶画面に表示することができる。

何の役に立つのか、といわれると困るが、純粋に面白い。こんな時代が来たんだな。
posted by ぜごん at 06:50| 広島 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

マックスコーヒーのこと。

大学時代、音楽のサークルに所属していたが、春の合宿は千葉県の御宿町にある民宿で行われていた。

そこで打っていたコーヒーはコカコーラの「ジョージア」であるがパッケージデザインが微妙に違う。下半分が黄色くて、「マックスコーヒー」と書いてあった。

飲んでみると何とも甘い。煉乳が入っているらしい。聞いてみると千葉県と茨城県でしか売っていない、と言うことだった。当時はジョージアの表記のない、「マックスコーヒー」とだけ書かれたデザインのものもあった。

その後何年かその民宿に通うたびに物珍しさも手伝ってか、そればかり購入して飲むようになった。
まだ平成の初めで、無糖の缶コーヒーがそんなに出ておらず、美味しくなかった頃のことである。

大学を卒業して広島に帰ってきた。それから15年。

ふとコンビニの冷蔵庫を見ると、あるではないか!マックスコーヒー。
あちこちの自動販売機にも置いてある。何か最初夢でも見ているような感じがした。

調べてみるとこの春から全国発売になったらしい。それも親切に缶に「煉乳入り」と書いてある。
今は健康のために甘いコーヒーは飲まなくなっているが、意を決して飲んでみた。

あの頃の外房の潮騒が聞こえてくるようだ。

やがてまた潮が引くようにこちらでは売られなくなってしまうのかも知れない。
posted by ぜごん at 23:54| 広島 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

DVD動画変換備忘録

昨年、知り合いの方にあるイベントの模様を撮影したデジカメ画像を編集したDVDをいただいた。その時、できればこのイベントの参加者の方にも楽しんで頂けるようインターネットに掲載できないか、という話があった。

その時はちょっと挑戦してうまく行かず断念していたが、先日ひょんなことから解決の糸口が見つかった。

ちなみにそのデジカメ画像を編集するソフトはこれ。

エーアイソフト「デジカメde!!ムービーシアター3」


(メーカーHP)http://ai2you.com/imaging/products/dcmt3/index.html

これが良くできている。まだ自分はいじったことはないが、Flashで作成したムービーのようなコミカルな動きが表現でき、DVD-R等に焼いて人にあげたりもできる。

今回DVDから変換したソフトは以下の2つ。

「HandBrake日本語版」
http://sourceforge.jp/projects/handbrake-jp/wiki/FrontPage
(データ変換、DVDに録ったテレビ番組をIpod用に変換することも可能)

「unitemovie」の中の「cutmovie」
http://red.sakura.ne.jp/~anonymouse/unitemovie_download.html
(19分の動画をYoutube用(10分制限あり)に切り取る際使った。)

パソコンにもともと入っていたソニーのDVgateplusではデータの変換などがうまく行かなかったが、この2つのフリーソフトを使えばいとも簡単にYoutube用の動画にすることができた。(保存形式はm4v形式。今思えばaviとかの方が扱いやすかったかも知れない。)

データはDVDで30分あまりだが、作成した動画の容量は200MB弱になった。Youtubeに載せたところ、画面が小さくなってしまうのは仕方ないとして、画質はテレビ画面で見たのとそんなに変わらない品質で掲載することができた。これは結構使える。
posted by ぜごん at 12:45| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

こんな休日の朝。

5月も今日で終わり。
ようやく暖かくなってきたが、寒いニュースばかりが続く。

そんなことは置いといて、庭には今年も時計草、美味しい枝豆「味勝(あじまさり)(笑)」、セイロンベンケイソウ。
時計草は冬の間根っこだけになっていたのだが、また枝を伸ばしはじめた。
春に薄いピンクの花をつけていたルピナスは、一時葉っぱだけになっていたのだが、最近になってもう一度花を付けた。あと紫陽花のつぼみも大きくなっている。

メダカも毎日のように卵をつける。子供も沢山生まれ、すくすくと育っている。

今朝、久しぶりに父の夢を見た。何か新聞に昔の金沢のことが書いてあってそれを尋ねる、というもの。父はいつものように丁寧に教えてくれた。ちゃんと筋道立てた説明で、夢か現実か分からなくなるほど鮮明だ。ほんのちょっと間で普通にあった光景だ。

最近休日に「すいか」という平成15年の夏に放映されたテレビドラマ(10回シリーズ)のDVD(全4巻)を借りてきて見ている。なかなかの良作。何より脚本がしっかりしていて、隙がない。20代を突っ走ってきて、ふと立ち止まって迷っている30代男女は必見、みたいな内容だ。何か感じるものがあると思う。




そのDVDを返しに行ったとき、中古CDのコーナーにビリー・ジョエルの「Songs in the Attics」が300円で売られていた。



1981年発表で、名曲がたくさん詰まった作品。こんなところで再び出会うとは思わなかった。早速購入した。マイアミ2017、夏、ハイランドフォールズにて、シーズ・ガット・ア・ウェイ、さよならハリウッド、楽しかった日々・・・すべてがいい。特にシーズ・ガット・ア・ウェイ。聴いているとたまらなく切なくなる。昔借りてきて何度も聴いた。すっかり緑が濃さを増した今の風景とよく似合う。

もうじき蛍の時期だな。ここ数年近くでは見かけていない。以前蛍のいた近所の風景も驚くほど変わってしまった。大きなショッピングセンターができて車がひっきりなしに出入りする。便利と引き換えに失ってしまったものも多い。
posted by ぜごん at 08:28| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

古典落語の醍醐味は

○不意をつかれた快感、非日常の安らぎ
○予想通り、期待通りストーリーが進んでいく達成感
○噺家の編み出す軽妙、絶妙なテンポ、リズム、間(ま)

よくまとまりきれてないが、そういうことだと思う。
この3つのどれが欠けても白けてしまう。
posted by ぜごん at 23:58| 広島 | Comment(0) | TrackBack(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。